読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌と共に生きる

癌と共存し生きるためのブログ

心と身体

なぜ癌になるか。


私は癌になって3年目くらいから、そのようなことを考えるようになった。


きっかけは、カウンセリング。

癌になったことがきっかけではなく、自分の生きづらさをなんとかしたくて3年間受けている。


話をしていく中で、癌になることで自分が納得出来ることがあったのでは?または、癌にならざるを得なかったのでは?と思い始める。


そして4年目の冬、癌の治療に取り憑かれたようになっている自分を指摘され、癌を治すことに執着している自分を知った。


癌患者であれば、治したいと思うのは当然だろうけど、私はそれが行き過ぎて、効果があるかどうか分からない代替療法にまで夢中に。


もう周りが見えていない状態で、朝から晩まで、癌についてネット検索ばかりしていた。


カウンセラーさんの言葉で目が覚め、それから数ヶ月経ち

振り返ると癌治療にとらわれていた頃が、いちばん身体の状態が悪かったという事実。

縮小していた腫瘍が大きくなり、どうしようとパニックになり、余計に代替療法にのめり込むという悪循環だった。


それから抜け出た今、身体の状態は落ち着いている。


これらの自分自身の経験から、心と身体は密に繋がっていることを確信した。


少しは冷静になった今、なぜ癌になったかを改めて自問して行きたいと思っている。