読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌と共に生きる

癌と共存し生きるためのブログ

癌になることは不幸ではない?

知人のご家族が亡くなった。

まだ若い、学生さん。


突然の呼吸不全で、家族も本人も想像つかない出来事だったろう。


大切な人をなくした悲しみは、その本人にしか分からないことだと思うので

安易に「かわいそう」とは語れないが


人間、生きていく以上で耐え難い困難は、いつ訪れるのかは分からない。



表面だけ見ると、とても切なく辛い出来事だけど


そのことを乗り越えることで、残された家族が得られる深い何かがある可能性も。



癌だ、癌だ、どうしようと騒ぎ、周りに不安を撒き散らしながらも

10年以上普通の生活を送っている人もいれば


今回の知人のように、急に生活か一変する出来事が起きることもありうる。



医師によっては、癌よりも糖尿病の方が恐ろしいと言う。


癌=死、地獄、この世の果て


という図式は、自分が作っているもので、それに気付けば

自分で壊せるものかもしれない。


図式に当てはまるように、無意識で自分から動いていることに気づくかどうか、


そこがポイント。



癌と診断されたら「生きたい」と思う。

それは人として当然のことだけど、



そう思ってしまうのは、自分の中に


癌=死、地獄、この世の果て


という図式が前提にある、ということをしっかりと理解していきたい。



私もこの図式を持っている。


しかし、診断されてから5年経過しつつも、仕事をしながら普通に生活ができている。


頭の中では、常に不安が付きまとっていながらも、なんら変わりなく過ごせている。


ってことは、その図式を外すことも自分次第でできるといえる。


もしかしたら、癌はかわいそうで不幸な病気じゃないんじゃないかな。