読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌と共に生きる

癌と共存し生きるためのブログ

環境が左右する

以前の職場仲間とランチに行きました。

医療関係の仕事の話を聞いていると、また癌に興味がわいてきます。

 

純粋な興味なら良いのですが、興味から話を聞き、知識を得たことで

それを自分に当てはめ、自分もひどくなるかもしれないとか

ついつい不安を作り出してしまいます。

 

癌の患者、特に自分と同じ部位の人を見ると

 

自分の方がまだましだと思って安心するときもあれば

末期の患者を見れば、自分もいつかこうなるんだと思う時もあり

 

どちらにしても余計なことを考え頭を疲れさせてしまいます。

 

医療関係の前職で働いているときは、これを日々やっていました。

いつも自分の体調を気にしすぎていて、ちょっと痛みがあれば

腫瘍が大きくなったんじゃないかとか

転移したんじゃないかとか

 

神経過敏になり、大したことじゃないのに、自分でおおごとにして

その結果、本当に体調を悪くしていました。

 

このように自分の周りの環境が、癌の刺激があるような状態だったとしても

自分のメンタルが安定していれば、影響されることはないでしようが

 

私のようになってしまう可能性がある時は

環境を変えることで、状態が良くなることもあると思います。